全身脱毛で美肌ちゃんこんにちは

脱毛の痛みの有無について

脱毛=痛いものと言う考えは、間違っていると言う事が言え、個人差はあるものの多くの場合、脱毛はさほど痛みを感じる事はありません。とは言っても、これな、脱毛サロンなどで主に行われているフラッシュ脱毛の事であり、医療機関で行われている医療レーザー脱毛においては、多少、痛みを感じる事が多くなっているようです。

 

フラッシュ脱毛の場合、多くの人が、ほとんど痛みを感じることなく施術を受ける事ができたと言う人が多く、また、痛みを感じたと言っても軽い痛みで我慢できないほどの痛みではなかったと言う人がほとんどです。

 

医療レーザー脱毛の場合も、ほとんどの人が我慢する事ができないほどの痛みではなかったとの声が多くなっていますが、中には、少し強い痛みを感じる人もいるようです。しかし、その場合でも医療機関と言う事で、麻酔などを処方してもらう事ができ、無理に痛みを我慢して施術を行う必要はありません。

 

このように、基本的には脱毛において、痛みについては心配する事はなく、安心して施術に通う事が可能になっています。また、痛みに関しても脱毛箇所によって異なってくる為、どうしても心配な人は、VIO脱毛などと言った痛みを感じやすい部位を避けると良いかと思います。

 

しかし、医療機関の全身脱毛で麻酔を使用する際は当然オプションになってしまいますので、お金がかなり高くなってしまいます。

 

そういった面からしても、痛みの少ない脱毛サロンで全身脱毛を始めた方が良いのではないでしょうか。

一般的に脱毛サロンや脱毛クリニックで行う脱毛方法は、光脱毛やレーザー脱毛という、光線を使用する方法です。どちらも脱毛を行う部位に対して黒い物にだけ反応をする光線を照射し、毛根やその周辺組織にダメージを与えて発毛を阻害します。

 

最近ではあまり行われなくなりましたが、この他にニードル脱毛という方法があります。これは毛穴1つ1つに文字通り針(ニードル)のような電極を刺していき、電気を流して毛根を破壊していく方法です。

 

この脱毛方法はとても時間が掛かりますが、毛根1つ1つに対して行っていく為、脱毛効果は一番高いと言われています。また医療行為に当たる為、脱毛クリニックでのみ行う事ができます。

 

ですが、最近ではあまりこの方法はを扱っているクリニックはありません。それは効果こそ高いですが、大変痛みが強い脱毛法なので、その痛みに耐えられずに途中で止めてしまう人が多い事と、毛穴1つ1つに対して施術を行う為、とても手間と時間が掛かる為です。

 

近年レーザー脱毛機の性能がとても上がり、その脱毛効果はニードル脱毛と比較してもそれほど遜色のないレベルになりました。また痛みもニードル脱毛に比べると比較的小さく、施術に掛かる時間も短い為、今ではレーザー脱毛が脱毛クリニックではニードル脱毛の代わりに主流になっています。

続きを読む≫ 2016/07/01 16:34:01

脱毛を行うには、まず脱毛サロンや脱毛クリニックなど、専門の施設に通う方法があります。

 

そして、自分で電気シェーバーや剃刀を使用して定期的に剃ったり、抜いていく方法もあり、最近では家庭用の光脱毛機の性能も上がってきたので、それを利用して行う方法もあります。

 

すぐに思い浮かぶのはこれくらいだと思いますが、その他にちょっと変わった脱毛方法があります。

 

それは、脱毛テープを利用する方法です。たまにお笑い番組などで男性のスネにガムテープを貼り、それを一気に剥がすような事を行っていますが、それに近い脱毛方法です。

 

もちろんガムテープなどではなく、専用の脱毛テープを利用します。これは脱毛ワックスシートという商品名で色々なものが発売されており、使い方は簡単です。

 

まず手を生やした状態で、脱毛を行いたい部分の水気をきちんと拭き取り、このテープを空気の入らないようにうまくピッタリと貼り付けます。そしてテープの上から保冷剤を使って数秒間ほど冷却します。

 

これは冷す事で脱毛時の痛みを和らげる効果と共に、テープに塗布されているワックスが固まって、脱毛効果が高くなる為です。このワックスが毛を絡めてくれるので、比較的短い毛でも抜く事が出来ます。

 

この後は一気に剥がすだけです。決して躊躇わずに、一気にベリっと剥がします。一見原始的な方法に見えますが、意外にも綺麗に脱毛が行えます。

 

当然これは一時的な対策法で、本格的な脱毛ではありませんが、急にプールに行く事になったなどの理由で緊急の脱毛が必要な時にはとても有効な方法だと言えるかも知れません。

続きを読む≫ 2016/07/01 16:33:01

家庭用脱毛器はカミソリや除毛クリームに比べれば肌への負担が少ないですが、頻繁に使用していたら肌トラブルを招くことがあります。たくさん使ってツルツルにしようと思って何度も使っていると、色素沈着などを起こして肌の状態を悪化させるのです。では、安全にツルツルになるにはどれくらいの頻度で使うとよいのでしょうか。

 

家庭用脱毛器の説明書には使用頻度がかかれています。メーカーが実験に基づいて出した使用頻度なので、これに従って使用していれば脱毛効果を得ることができます。

 

家庭用脱毛器の使用頻度は一般的に2週間に1回ですが、使い始めは1週間に1回の脱毛をします。こうすることで脱毛効果を高めることができます。脱毛効果が表れてきたら2週間に1回して、あまりムダ毛が気にならないようなら3週間に1回や1か月に1回にします。使用頻度が少ない方が肌の負担が少ないです。

 

毛には成長周期があり、成長期・退行期・休止期を繰り返しています。家庭用光脱毛器で処理できるのは肌表面に出ている成長期の毛だけです。

 

成長期の毛は全身に3分の1ほど存在しています。毛が成長期になっていないのに脱毛器を使っても効果を実感できないので、毛が伸びてきたら使うようにしましょう。

続きを読む≫ 2016/01/10 17:49:10

カミソリや毛抜きなどで行うムダ毛の自己処理には、トラブルは付き物です。肌を傷める場合や埋没毛を作ってしまう場合も多くなっています。

 

埋没毛とは、皮膚の中にムダ毛が埋まってしまう状態を指し、そのムダ毛は、皮膚の中で成長してしまいます。その為、見た目的にも黒い点々が皮膚にあるようになり、決して綺麗なものではありません。

 

また、一度できてしまった埋没毛は、自分で処置する事が難しく、無理をして皮膚から取り出そうとする事で、皮膚を傷め炎症を起こしてしまう危険も高くなってしまうのです。
その為、皮膚科なので適切な処置を行う必要があります。

 

では、そんな埋没毛を作らないようにする為には、どうすれば良いのかと言うと、どうしても自己処理が必要な場合は、保湿をたっぷり行う事をお勧めします。その上で、深剃りや逆剃りを行う事は避け、出来る限り優しく処理を行います。

 

それでも、やはり完全に防ぐことが難しいのが埋没毛です。その為、やはり、一番は、脱毛サロンなどの専門店で脱毛する事になってきます。そうする事で、埋没毛など作る事なく、綺麗な肌を維持する事ができるのです。

 

また、出来てしまった埋没毛も脱毛サロンに通う事で綺麗に除去する事も可能になっています。

続きを読む≫ 2015/12/27 15:37:27

自分のムダ毛に悩み始める時期は、個人差があるものの多くの場合、中高生と言った未成年の頃からムダ毛の事について悩み始める事と思います。その際、安易に行ってしまう自己処理は、肌を傷める危険性も高く、出来る事なら避けた方が良いと言われています。

 

そのような事から、未成年からでも脱毛サロンに通う事を考える人は多く、中には中学生から脱毛サロンに通い始める人もいるほどです。

 

その場合、多くの脱毛サロンでは、保護者同伴の元、カウンセリングを受ける事が必要となっており、高校生の場合は、保護者の同意書があれば、カウンセリング自体を一緒に受ける必要がない脱毛サロンも多くなっています。

 

しかし、思春期の脱毛の場合、その後、ホルモンの影響でまた、ムダ毛が濃くなってしまう事もあり、完全に脱毛を行う事は難しい場合もあります。その為、未成年、特に中学生ぐらいまでの間に脱毛を行う場合は、その事を理解した上で行う事をお勧めします。

 

中には、キッズ脱毛と言うプランまで行っている脱毛サロンまであり、子供の場合は、そのような専用のコースを設けている脱毛サロンに相談する事で、的確なアドバイスの元、脱毛を行う事ができるようになっていると思います。

続きを読む≫ 2015/12/27 15:36:27